プエラリアやボルフィリンのそれぞれの効果

バストアップクリームのラシュシュにはボルフィリンという成分が配合されています。

 

バストアップサプリやクリームには、プエラリアミリフィカが配合されている製品もあります。

 

このボルフィリンとプエラリアミリフィカの効果にはどんな違いがあるのでしょうか?

 

プエラリアミリフィカには、バストアップ効果の他に美肌効果があります。

 

これは、プエラリアミリフィカが女性ホルモンと同様の働きをするからです。

 

女性ホルモンが減り始めるとシワやたるみの原因になります。

 

一方のラシュシュに含まれるボルフィリンには、脂肪を増殖させて、その脂肪を蓄える作用があります。

 

このような特徴により、バストに脂肪を増やして、バストを大きくさせるのです。

 

塗った部分にのみ作用しますのでバストだけピンポイントに効果を出すことが可能なのです。

プエラリアとボルフィリンの副作用について

プエラリアミリフィカは、バストアップサプリなどで有名な成分です。

 

タイが原産となる植物の種類であり、その作用の強さは大豆に含まれているイソフラボンの40倍と言われるほどで、貧乳の人にとってはプエラリアミリフィカの成分が巨乳への近道と言っても過言ではないかもしれません。

 

有効成分のプエラリアミリフィカが体内で女性ホルモンに作用して、女性ホルモンの分泌量を増やします。

 

増加した女性ホルモンが胸などを刺激してバストアップが望めるのです。

 

しかし、作用が強い成分はそれぶん副作用が出てしまうというデメリットを持っている可能性があり、プエラリアミリフィカも例外ではありません。

 

プエラリアミリフィカは、不正出血や生理不順、重い生理痛などの副作用が起きるかもしれません。

 

女性特有の生理は、女性ホルモンがコントロールしてくれています。

 

女性ホルモンを強引に増やしたりすれば、身体のホルモンバランスを崩してしまいかねないでしょう。

 

ホルモンバランスが乱れてしまうと、生理機能の不調が元で頭痛もしくは腹痛といったことが生じてしまう恐れがあります。

 

さらに、プロゲステロンという物質が過剰分泌されてしまい身体の不調でPMS(月経前症候群)という症状が出る可能性もあります。

 

PMSにより頭痛や腹痛が現れることがあるのです。

 

もちろん、全員がこのような症状を起こすわけではありませんけれど、作用が高い成分は、副作用が強く出てしまうことは理解しておいた方が良いと思います。

 

ラシュシュに含まれるボルフィリンには、そうしたプエラリアミリフィカのような副作用も見られていないので、安心して使用できます。

 

ホルモンバランスを崩すような心配もないのです。

 

とは言え、どういった成分にも体質に合わなかったり相性もありますので、ラシュシュナノプラスを使用する場合も、最初は少しだけ試しに塗ってみてから様子を見てみることも大事だと思います。

 

 

 

↓50%OFF ラシュシュ公式サイトはこちら↓

https://shop.belleeau.jp/lachouchou