サルササポゲニンが主成分となっているのが特徴!

ラシュシュというバストアップクリームには、ボルフィリンという成分が含まれているのがポイントです。

 

では、この成分にはどういった効果があるのでしょうか?

 

今回は、その効果について迫ってみたいと思います。ボルフィリンはバストアップの業界でも注目されている育乳が望める成分です

 

これまでに使われてきたバストアップの成分は、女性ホルモンの働きをサポートしてくれるものでした。

 

しかし、ボルフィリンは脂肪組織を分化させ、さらに増やすという、これまでと異なるアプローチ方法となります

 

『サルササポゲニン』という成分が主成分となっていて、ユリ科のハナスゲと言う植物より抽出されています。

 

脂肪組織を分化させ増殖させるので、バストだけを大きくしたいなら、バストのみに塗るのが鉄則です。

 

また、分化させ増殖させるという効果の他にも、蓄積させる作用も期待できるので、ボルフィリンの効果で増殖した脂肪は減少することはないとされているのです。

 

バストアップが叶ったなら、それが維持できるということです。

 

ただ、手で塗った後にはしっかりと洗い流すのが注意点です。

 

そのままにしてしまうと、手に残った脂肪細胞が増えてしまうかもしれないからです。

 

ラシュシュを塗るならマッサージなども取り入れよう!

これまでだと、バストアップクリームと言えばプエラリアミリフィカが多く使われてきました。

 

ところが、ボルフィリンが登場してからは、バストアップクリームでは、徐々にボルフィリンが多く使われるようになってきたのです。

 

臨床実験においては、女性のバスト片方だけに塗ったところ、塗った側の脂肪量が増加しています

 

効果は人によって異なりますが、28日間では6.6%、56日間だと8.4%増えているという結果になりました。

 

日にちが経つにつれ脂肪量の増加に繋がっているのが伺えますが、ラシュシュを塗ればそれだけバストアップできていると感じている方が多いことの証明にもなりますね。

 

ラシュシュを塗ると一緒に、マッサージも行うのが大切なのは、公式サイトでも推薦していますね。

 

また、鎖骨辺りなどのデコルテラインの手入れをするためにも、ラシュシュを使うのがおすすめです。

 

デコルテラインに幾らかの脂肪があることで、若々しく見えてハリのあるような印象になるのです。

 

ボルフィリンが成分のラシュシュを使うことにより、デコルテラインの脂肪も調節できて、綺麗なデコルテラインにできます。

 

バストアップだけでなく、バスト周辺も綺麗な印象にしたい方はラシュシュを試してみてくださいね。

 

 

↓50%OFF ラシュシュ公式サイトはこちら↓

https://shop.belleeau.jp/lachouchou