プエラリアはホルモンバランスに影響がでる可能性あり?

プエラリアは、亜熱帯地域のタイやミャンマーの山岳地帯に生息するマメ科クズ科の植物です。

 

根の部分に含まれているのが、植物性のエストロゲン・イソフラボンです。

 

プエラリアミリフィカに含まれるイソフラボンの量は、大豆の約40倍もあります。

 

しかし、作用が強い成分はそのぶん副作用が出てしまうというデメリットを持っている可能性があります。

 

バストアップクリームの中には、プエラリアミリフィカなどの成分が入っている製品もあり、女性ホルモンであるエストロゲンと似たような作用をする事が報告されています。

 

また、女性ならば乳がんのリスクについて気になるところです。

 

乳がんはその多くが乳管より発生するので、『乳管がん』 とも呼ばれています。

 

乳がんの進行を早めてしまう一要因として考えられているのは、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの過剰な摂取の可能性も否定はできません。

 

乳がんを発症した場合、エストロゲンは乳がん細胞の進行を早める可能性があります。

 

乳がんとの関連性は報告がさほどされていませんし、科学的な根拠などもありませんがどのような製品でも言えることですが過剰な使用は控えるべきです。

ラシュシュは副作用が不安な方に適している

バストアップ製品の中には、プエラリアミリフィカやボルフィリンが含まれているものもあります。

 

ラシュシュに関しては、ボルフィリンの成分が配合されています。

 

皮膚の表面に塗るだけのバストクリームですので、サプリメントを服用するよりはホルモンに対する影響は少ないと考えられます。

 

そうなるとクリームはサプリメントよりもバストアップ効果は減少するのではないかと思う方もいるかもしれませんね?

 

ラシュシュに含まれているボルフィリンは脂肪を蓄えてくれるため、バストアップ効果が減少することはないと考えられます。

 

バストアップ製品の中でもサプリメントの方がクリームに比べて多少は抵抗がある方もいるかもしれません。

 

因果関係などは、はっきりしないものの出来るだけリスクは避けるのが賢明です。

 

ラシュシュはボルフィリン成分のクリームですので、副作用の心配もありません。使用した箇所(バスト)に有効成分が浸透するクリームですので、女性ホルモンに影響を及ぼす心配もないということです。

 

バストケア商品で、満足な効果が得られなかった方や不安があった方にも安心してお使いいただけます。

 

また、ラシュシュを使いながらマッサージをすることでバストケアの他に乳がんのチェックにもなります。

 

 

 

 

↓50%OFF ラシュシュ公式サイトはこちら↓

https://shop.belleeau.jp/lachouchou