妊娠中ではなく卒乳をしてから使う手段もある!

女性であれば、妊娠などの機会が訪れることでしょう。

 

そこでバストアップクリームのラシュシュは、妊娠中に使用しても問題ないのでしょうか?

 

これまでのバストアップアイテムには、プエラリアミリフィカという成分が使われているものが多く、副作用が出る可能性も否定出来ないため、ホルモンバランスが乱れやすい妊娠中の使用は、避けることが好ましい選択でした。

 

ラシュシュはプエラリアミリフィカを使用していません。

 

配合されているのは、ボルフィリンやセラフラッシュです。これらの成分は垂れてしまったバストや萎んでしまったバストをリフトアップしてくれます。

 

ラシュシュにはプエラリアミリフィカの様な副作用も見られていないことから、「妊娠中や授乳中にも使えるのでは?」と考える方もいらっしゃるでしょう。

 

ただ、公式サイトには、妊娠中などの使用に関して明言されていません。そもそも妊娠中の時期というのはバストが大きくなるのが特徴です。

 

ラシュシュを使用しなくても自然と大きくなる可能性があるという見方もありますし、ラシュシュを使用するとするなら、赤ちゃんが卒乳をしてからだとも言われています。

 

卒乳をしてからはバストが萎んでしまったり、垂れてしまうといったことが起こるからです。

 

ラシュシュを使用する場合は、妊娠をしている最中ではなく、授乳が終わり卒乳をした後に利用しましょう。

 

妊娠中は、普段と違い神経質や不安になってしまう傾向があります。ラシュシュナノプラスを含めスキンケア商品を使用する前にはかかりつけの産婦人科医や専門医にご相談した上でのご使用をおすすめ     します。

 

 

↓50%OFF ラシュシュ公式サイトはこちら↓

https://shop.belleeau.jp/lachouchou